診断指針と治療指針

好酸球性食道炎/好酸球性胃腸炎の診断指針と治療指針

好酸球性食道炎の診断の基準(2015)

必須項目

  1. 食道機能障害に起因する症状の存在
  2. 食道粘膜の生検で上皮内に好酸球数15以上/HPFが存在
    (数か所の生検が望ましい)

参考項目

  1. 内視鏡検査で食道内に白斑、縦走溝、気管様狭窄を認める。  
  2. プロトンポンプ阻害薬(PPI)に対する反応が不良である。  
  3. CTスキャンまたは超音波内視鏡検査で食道壁の肥厚を認める。  
  4. 末梢血中に好酸球増多を認める。  
  5. 男性

好酸球性食道炎の治療指針

好酸球性食道炎の治療指針

好酸球性胃腸炎の診断の基準(2015)

必須項目

  1. 症状(腹痛、下痢、嘔吐等)を有する。   
  2. 胃、小腸、大腸の生検で粘膜内に好酸球主体の炎症細胞浸潤が存在している (20/HPF以上の好酸球浸潤、生検は数か所以上で行い、また他の炎症性腸疾患、寄生虫疾患、全身性疾患を除外することを要する。終末回腸、右側結腸では健常者でも20/HPF以上の好酸球浸潤を見ることがあるため注意する。)   
  3. あるいは腹水が存在し腹水中に多数の好酸球が存在    

参考項目

  1. 喘息などのアレルギー疾患の病歴を有する。   
  2. 末梢血中に好酸球増多を認める。   
  3. CTスキャンで胃、腸管壁の肥厚を認める。   
  4. 内視鏡検査で胃、小腸、大腸に浮腫、発赤、びらんを認める。   
  5. グルココルチコイドが有効である。

好酸球性胃腸炎の治療指針

 プレドニゾロン20-40mg/日の内服が行われることが多いが投与量、 減量スピード、中止の時期、治療抵抗例に対する対応、再発、再燃時の対応については一定の見解はない。

趣旨説明とご挨拶研究概要好酸性食道炎と好酸性胃腸炎症例アンケート調査票臨床研究・治療方針お問合せ

お問合せ先
島根大学医学部第2内科 〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89-1
TEL 0853-20-2190 FAX 0853-20-2187

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業
Copyright(C)2009 Shimane University Faculty of Medicine. All Right Reserved. Powered by WebPage21